キャノン製インクカートリッジの種類について

インクジェット方式のプリンターは年々印刷画質が向上するなど、家庭用としての普及率が高くなっています。
プリンターの消耗品でもあるカートリッジは純正タイプとリサイクルタイプの2種類があり、リサイクルタイプは液漏れなどが生じるなどでプリンターの故障原因として注意が必要でした。
キャノン製のプリンターにも純正タイプとリサイクルタイプの2種類があり、保証期間内での故障については純正タイプを使っている場合は無償修理が可能になり、リサイクルタイプのものを使っている場合は、保証期間内であってもメーカーが保証する製品とは異なるものを利用して故障したため、有償修理になるなどの違いを持っています。
しかしながら、最近のリサイクルタイプは品質が高くなっている、純正タイプよりも値段が安いなどの理由からも利用する人が増えています。

純正タイプとリサイクルタイプの違いとは

純正タイプのインクカートリッジは、プリンターのメーカーが独自に開発を行ったもので、キャノンのプリンターは家庭用の中でも人気が高くなっています。
印字頻度が多い場合などでは、交換頻度が高くなる、純正品は値段が高めであり、経済的な負担が大きくなるなどの理由から、リサイクルタイプを選ぶ人も多くいます。
リサイクルタイプは、回収したものに専門業者がインキを充填して再販を行うもので、単にインキを充填するだけではなく、劣化した部品の交換やメンテナンスを施しているので液漏れなどのトラブルも起こりにくいなど安心して利用する事が出来る製品が多くあります。
ちなみに、プリンターは4色タイプや6色タイプなどの種類があり、価格が安いプリンターなどの場合は、カラーと黒をそれぞれ1つずつ利用するタイプもあります。

リサイクルタイプを選ぶ時のポイントについて

リサイクルタイプのインクカートリッジは回収された後に分解洗浄や消耗部品の交換、そしてインキの充填を行った上で再販が行われるもので、品質が高くなっています。
さらに、純正品と比べると価格が安いため、純正品ではなくリサイクルタイプを買い求める人が多くいるのが特徴です。
しかし、充填するインキはメーカーが製造するものとは異なるため、印字品質に違いが生じる事になります。
キャノン製のプリンターの場合、プリンターに最適な原料を使ってインキを製造し、それを充填しているのでプリンターの精度を十分発揮する事が出来ます。
リサイクルタイプの場合は、プリンターの精度を発揮する事は出来ても、メーカーが製造するものとは異なる為、色の表現が異なるなどの違いを持っており、写真などを印字する場合には純正品を利用するのが推奨されています。